オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

豊橋市で和瓦屋根の漆喰はがれの現地確認にいきました。


こんにちは 街の屋根やさん豊橋店です。

豊橋市のお宅で木造和瓦屋根の漆喰はがれの確認にいってきました。
お客様からお問合せで漆喰が庭に落ちていて心配だから今の状況をみて欲しいと連絡が入り現地で調査をしました。
住宅の部位で屋根はお客様自身が一番確認しずらいところであったりもします。
お話している中で家を建ててから屋根の点検を1度もしていないという方も多いです。
雨漏りして初めて屋根に不具合があることを知る前に対処したほうがあきらかに良いので
気になる方はご相談ください。




瓦屋根漆喰
2階の屋根の漆喰はところどころ漆喰に割れ目が入っていたり少し欠けていて屋根瓦の上に残っている箇所がありました。
漆喰が完全に欠けて、はがれていて下地の土までみえてしまうということはありませんでしたので今すぐに処置をしないといけないレベルではないです。
しかしながら時間が経つにつれて漆喰ははがれてしまいます。いずれ漆喰補修が必要になります。

漆喰はがれ
棟の端にある鬼瓦まわりの漆喰は、ほとんどの箇所がとれている状態でした。この
漆喰がとれてしまったら棟側と鬼瓦に隙間ができ雨水の侵入口になってしまいます。雨漏りの原因にもつながりますので
早めの処置が必要と考えられます。
現在は棟側と鬼瓦の隙間は費用が抑えられるのでコーキング仕上げのほうが多いです。見栄えを重視する方は現状と同じように漆喰仕上げがいいでしょう。

お客様に漆喰の状態を説明し、見栄えはあまりごだわらないということで鬼瓦まわりはコーキング仕上げで補修するご提案と2階の棟の漆喰の詰め直しのご提案をさせていただきました。
現在の状況では既存の漆喰をはがして新たに漆喰を詰め直し補修できます。
漆喰がはがれ、下地の土が流れてしまっている状態では詰め直しができない場合があります。その場合は棟瓦を一旦外して棟瓦の中の土の入れ替えをしないといけません。
そうすると補修の費用も高くなってしまいます。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

b94c4e6614edfdb4cd5c0ac4e5682505

こんにちは 街の屋根やさんの中神です。豊橋市のお客様から風が強い日に2階の屋根からカタカタと音がして心配になるので状況を確認して欲しいとお問い合わせがありました。どうしても2階屋根上の場合、お客様自身が目視で確認できないこと、はしごなどがあ...........

温水器撤去後

皆さん、こんにちは受付スタッフの高木です本日は、豊川で行われた『太陽熱温水器の撤去工事』についてお話したいと思います皆さんは、『太陽熱温水器』のこと知っていますか?私は、正直今まで太陽熱温水器の存在を知りませんでしたですが、今回太陽熱温水器...........

IMG_6589-e1599467549153

こんにちは!スタッフ鈴木です!先日雨樋から雨水が溢れてくるということで豊橋市のお客様宅にお伺いしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら豊橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-199-207