オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

住宅用の瓦屋根の漆喰補修・詰め直し方法と必要性について


こんにちは、スタッフの兵動ですm(__)m

今回は、住宅用の瓦屋根メンテナンスの1つ
漆喰補修について解説していきたいと思います

まず、なぜ漆喰補修を行うのかについて
漆喰補修は、なんでもやれば良いわけではありません
そこで、場合による補修事例をあげていきます
瓦漆喰詰め直しイメージ
雨漏り防止
必要性 
屋根に漆喰が塗ってある箇所は雨水が直接当たらないとことです
雨漏りを直すために漆喰補修するのは間違っています

●美観維持
必要性 
漆喰は屋根の美観を美しく見せる役目の1つ
崩れていれば見た目がよくありません、美観以外にも虫の侵入やほこりを防ぎます

※漆喰を崩れたままが長く続くと屋根裏に湿気が入ることで屋根材が腐る
※DIYはNG しっかりとした下準備が必要なので上から塗るだけだと雨漏りの危険性アップ

漆喰詰め直し方法
古い漆喰を処分
葺き土を整え後湿らす
漆喰を塗布
表面を整え、仕上げ

これが基本的な流れになります
メンテナンスに関しても15年に1度のペースで行うようにしてください
職人が少ないことや費用がかかることなので火災保険等を使える場合があるので
一度確認してみてください

今回は、ここまでです
そこで、次回の更新で
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら豊橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-199-207