オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

住宅にある軒下の必要性と建築用語紹介


こんにちは、スタッフの兵動ですm(_ _)m

最近では、陸屋根のように屋根のない建物が多く増えてきました
そこで、今回は屋根の一部位である軒について解説していきたいと思います

まず、軒とは
戸建て住宅の屋根のなかで外壁や窓、玄関などより
外側に突き出ている部分のこと
目的・・・雨や雪、日差しを遮ることで建物を守ります
イメージとしては、戸建ての傘の役割

軒先・・・軒の先端部分
軒下・・・軒の下部分のバルコニーなどの空間
軒天・・・軒部分の下の面
雨のイメージ
軒のない場合雨漏りのリスク

軒のない家を建てた場合一番心配されることは雨漏り
軒は、雨から建物を守る役割があります

近年ではゲリラ豪雨や大型台風など許容範囲を越える
雨が降ることが多くあります
雨水の侵入は開口部だけではなく様々な箇所から侵入していきます

換気口
●配管と外壁のつなぎ目
●2階のベランダの雨戸

軒は建物の外壁を雨や雪から守る重要な役割があります
雨などの悪天候だけでなく晴れた時に必要以上に室内に
日差しが入り込むこと防ぎます

建築基準法で軒を設置できないこともあるので
外壁材や遮熱ガラスを用いて対処する必要があります

今回は、ここままです
それでは、次回の更新で
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら豊橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-199-207