オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

雨漏り火災保険で請求できる時の注意事項


こんにちは、スタッフの兵動ですm(__)m

火災保険って聞くとどんな保険をイメージしますか?
家の火災に対してのみ適応されると思う方が多くいると思います
しかし、これは間違った認識になります

まず、火災保険とは
建物と建物内にある家具・什器など、不動産以外の
すべての資産』を補償する保険になります

そして、火災だけではなく落雷・雪・大雨などの自然災害と盗難も対象となります
屋根修理(雨漏り修理)は風の災害に適応され、風災補償が適応されます

火災保険に補償適応例

雨のイメージ
保険を使う場合全てが適応されるわけではありません
適応条件や支払い金額は保険により異なるので、一例で紹介していきます

火災保険として適応した場合

暴風による漆喰の破損等
漆喰は瓦屋根に使われるもので、主に瓦の接着や防水作業の充填に使われます
春先の暴風による漆喰の破損の多くは、保険の適応が認められています

台風による雨どいの破損等
雨どいは、屋根面の雨水を下に流すためのものです
しかし、近年の台風は以前に比べ規模が大きくなっているので、
台風後破損している場合があります、台風での破損が認められれば保険が適応されます

これらの場合保険の適応が認められています

火災保険不適用例と適応時注意事項

最近の台風イメージ
次は、適応されなかった場合

経年劣化による雨漏り
雨漏りの直接的な原因が外壁や屋根の経年劣化が
原因の場合は、適応されません

新築時に雨漏り
新築時の雨漏りは、施工不良の疑いがあります
この場合は、火災保険ではなく瑕疵保険が適応される可能性が高いです

これらの他にも、適応される条件や適応されない場合様々あります
まずは、保険内容の確認・保険屋さんとの相談を行ってください
そして、保険適応した場合の注意事項

損害金額20万円以上
大手の保険会社では、『20万円以上対象』と書いてあることが多いです
多くの方が勘違いしてしまうのが、20万までは自己負担して
残りを保険会社が払ってくれると思っている方もいます
しかし、実際は少し異なり20万円以上の修理費に対して全額補償してくれます
※修理費が18万円だった場合などの金額不足は適応外

被害にあった年のみ
火災保険の有効期限は3年です
しかし、出来る限り早く申請した方が審査が通りやすくかつ、
資料がしっかり揃うので説得力があります

これらに注意する必要があります
もし、住宅でお困りごとありましたら火災保険の検討してみてください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら豊橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-199-207