オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根のカバー工法とそれに適した屋根材のガルテクト


こんにちは、スタッフの兵動ですm(__)m

先日、お客様宅に訪問した際に
屋根の「カバー工法」について話す機会があったので
今回は、カバー工法について解説していきたいと思います

まず、カバー工法とは
古い屋根を剥がさず、防水シート(ルーフィング)を貼った後に
新しい屋根に張り替える工事方法になります

葺替えとの違い
古い屋根の撤去・下地調整2つの工程が省かれます
カバー工法イメージ写真
カバー工法メリット

●工事費用を安く抑える
●工期短縮

カバー工法デメリット

●下地が傷んでる屋根に施工できません(瓦屋根は施工不可)
●費用は安いが場合によって割高になる
●屋根が二重になるので屋根が重くなる

以上がカバー工法についてです
カバー工法がわかったと思うので次はこのカバー工法に適した屋根材についてです
ガルテクトイメージ写真
カバー工法に適した屋根材

「スーパーガルテクト」
この屋根材は断熱材と断熱材を一体化した金属屋根で
耐久性に優れ、軽量

「スーパーガルテクトフッ素」
超高耐久ガルバの上に遮熱性フッ素コーティング
塗膜の耐久性が高く色褪せにくい

このガルテクトは高い耐久性があることから
カバー工法に適しています
今回はここまでです
それでは次回の更新で
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら豊橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-199-207