オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

自分で出来る雨漏りの応急処置について


こんにちは
受付スタッフの高木です

前回は雨漏りしやすい場所とは?というコラムを書きました
どんな場所が雨漏りするんだろう?と気になるお客様は是非見てみて下さい

今回は、雨漏りの時に役立つ自分で出来る雨漏りの応急処置についてお話したいと思います
応急処置をしておけば、雨漏りの被害を最小限に抑えられるかもしれません
バケツ・雑巾
バケツがあることで床が室内が濡れるのを防ぐことが出来ます

バケツと雑巾と新聞紙があれば、天井から落ちる水から床や室内を守ることが出来ます

雨水が溜まってくると、水がまわりに飛び散りやすくなるのでバケツの底に雑巾やタオルを置いておくと水しぶきを防ぐことが出来ます

バケツに溜まった水の量が多くなると効果が無くなるので、細めに水を捨てるようにしましょう

窓まわりの雨漏りは、雑巾で水を吸い取るようにしましょう
屋根の修理
素人の人が屋根の修理をするのは危険ですが、もし屋根の修理をするなら、

・必ず複数人で作業する
・天気が良く屋根が濡れていない日に作業する
・風が強くなく、自分の体調が良い日に作業する
・屋根の端っこは歩かないようにする

ということに注意して作業するようにして下さい
基本的に素人の人がやるのは危険なのであくまでも、どうしてもの時の応急処置になります

もし、雨漏りしている場所が分からない・特定出来ない場合は、
ブルーシートと土のう袋を使った応急処置がおすすめです

かなりの重労働になるので、基本的に屋根工事はプロの業者に任せるのが良いと思います
街の屋根やさん豊橋店では、そういった屋根工事の点検・修理などを行っています
お気軽にお問い合わせ下さい
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら豊橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-199-207