オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

台風後、大雨後に雨漏りしてしまう原因とは


雨漏り
こんにちは
受付スタッフの高木です

今日は、秋は台風が多いということで
台風関連のコラムを書きたいと思います

今回のテーマは、
『台風後、大雨後に雨漏りしてしまう原因とは』についてです

台風や大雨の時っていつもより、
かなり多くの雨が降る時がありますよね

お客様からのお問い合わせでも、
台風後・大雨後に雨漏りしちゃって一度
見に来て欲しいといった様なお問い合わせを頂くことがあります


もし、台風後・大雨後に雨漏りしていたら
そのまま放っておかずにしっかり対処するようにしましょう


雨漏りが起こる原因は…?

雨漏り 屋根
雨漏りが起こる原因は様々ですが、屋根から
雨漏りするというイメージがありますが、
一概に雨漏りの原因が屋根からとは限りません

一般的には、屋根・外壁・ベランダから
雨漏りは発生していると言われています

屋根が原因で起こる雨漏り

スレート屋根 雨漏り
屋根 雨漏り 修理
瓦屋根 修理
屋根が原因で起こる雨漏りの要因は、
屋根のひび割れ・瓦屋根のズレ・屋根材の経年劣化などが関係しています


・屋根のひび割れ
⇒台風や、地震などの災害の影響で屋根にひびが入ってしまい、そのひびが入った部分から雨漏りしてしまう

・屋根材の経年劣化
⇒使用している屋根材によるが、大体15年~20年程度で
 劣化が進み、不具合が出てきてしまう
 劣化が進むことで隙間が生まれそこから雨水が入り込んでくる

・瓦屋根のズレ
⇒風や経年劣化によって、瓦は浮いてきたり、ズレが生じます


雨漏りは放っておくと大変なことになります
街の屋根やさん豊橋店は、雨漏り修理・雨漏り改修工事もやっております
もし、雨漏りにお悩みのお客様がいらっしゃいましたら
街の屋根やさん豊橋店にご連絡下さい


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら豊橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-199-207