オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根とパネルの隙間にハトが巣を作ると起こる問題


こんにちは!受付事務スタッフの穂浪です

今回は太陽光パネルと屋根の隙間にハトが巣を作って起こる問題について紹介します

最近「鳥の巣撤去依頼」のお問い合わせをよくいただきます

太陽光パネルと屋根の隙間にハトが入れるスペースがあるようには思えないですが

鳥は狭い隙間も体を小さくしてどんどん入っていきます!

太陽光パネルは敵から身を守るには最高の盾になります

パネルの大きさにもよりますが巣が2~3個出来ることもあります

放置しておくと様々な問題が発生しますので気が付いたら撤去をオススメします

では、ハトが巣を作ると起こる問題について紹介します


a442fd5566c688eaa5d482c472819219-simple
ハトが巣を作っているということはそこに住み着いているということになります

想像がつくかなと思いますが、ハトはどこでも構わずフンを落としていきます

洗濯物がベランダに干してあったら洗濯物がダメになってしまいます

さらに、太陽光パネルにフンが付くと発電量の低下にもつながります
鳥は一度巣を作った場所にとても執着します

また、ハトは繁殖力が強く一年に5~6回卵を産みます

「まぁいいか」とほおっておくと卵を産むたびにやってきます

自分の家だけではなく近所にも迷惑になってしまいます

鳥のフンはもちろん、たくさんの鳥がやってくると騒音や鳴き声が酷くなります

「もしかしたら…」と少しでも怪しいと思ったらほぼ住み着いていると思ってもらって大丈夫です

すぐに巣の撤去と対策をしましょう
eda296717d3c144c54c920903e9f8134-simple
最初にお話した「ハトのフンによる汚れ」と多少類似していますが、ハトのフンは酸性です。

酸性は金属を腐らせる効果があります

そのため、太陽光パネルにフンが落ちると汚れるのはももちろんですが、故障にもつながります


以上がハトが巣を作ると起こる問題になります!

一度巣を撤去するだけではなんの対策にもなりません。

ハトが二度と入ってこれないように隙間をふさぐことが大切です

少しでも気になる方がいましたら、お気軽にご連絡ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら豊橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-199-207