オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根のメンテナンス



皆さん、こんにちは!
事務スタッフの中山です

前回は屋根のメンテナンス重要性や屋根の老化のサインについて
お話させていただきました。

今回は屋根のメンテナンス方法についてお話させて頂きます

どんなメンテナンス方法があるのか?

IMG_1437-simple

屋根のメンテナンス方法は、大きく2つあります。
1つは、塗装
もう1つは屋根材を新しくすることです。

塗装の目安は、ストレート屋根、金属屋根、セメント瓦で10年に1回。新しい塗装に塗ることで、紫外線や雨風から屋根を守ります。

屋根材を新しくするには葺き替えと重ね葺きの二つの方法があります。


葺き替え 重ね葺き


ここからは葺き替えと重ね葺きについて詳しくお話させて頂きます。


葺き替えとは?

これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根に葺き替えることです。
屋根材だけでなく野地板や防水紙といった下地も新しくなります。

◎メリット
・新しい屋根になるので、次のメンテナンス期間が長くなる。
・屋根材を全て取り外すので、防水紙や野地板といったところまで
補修やメンテナンスが出来る。
・これまでの屋根材と違うものも使用できるので外観を一新し
イメージチェンジできる。

×デメリット
・大規模な工事なので費用がかかる。
・また工事期間が長い。
・これまでの屋根材のを破棄するのでその分の
処分費用がかかる。


重ね葺きとは?

現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい
防水紙、屋根をのせて覆うこと。

◎メリット
・廃材がほとんど発生しないため処理費がかからない。
・工事期間が短い。
・工事中も普段と同じように生活できる。
・二十屋根になるので断熱性と遮音性が向上する。

×デメリット
・瓦屋根の施工が難しい。
・太陽光発電などの設置が難しくなる。
・屋根の老化状況によっては施工できない。
・選択できる屋根材が限られる。(ほぼ金属)

屋根材が寿命を迎えている、雨漏りがしているといったケースでは
葺き替えや重ね葺きといったリフォームをご検討していただくタイミングです

ぜひ一度ご自宅の屋根を確認してみて下さい
お問い合わせお待ちしております
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら豊橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-199-207